制御モジュール

 

IBMホストネットワーク上でAPシリーズリーダを接続

制御モジュール概要図

  • PC上のアプリケーション開発が不要で、制御モジュールのAPI機能により、リアルタイム処理が可能です。
  • ホストアプリケーションから、バーコード読取、OK/NGの判定、帳票への証拠印字が簡単にコントロール可能です。
  • ホストシステムのプログラマが、COBOLやRPG-3等の高級言語でシステム構築できます。
動作環境
  • 本体:Windows 2000、Windows XPが動作するIBMパーソナルコンピュータおよびその100%互換機
  • SVGA(800X600)以上の解像度を持つディスプレイアダプタ
  • メモリ:128MB以上
  • ハードディスク:4MB以上の空き容量
  • OS:Windows 2000/Windows XP
  • CD-ROMドライブ
  • 端末エミュレータ:IBMパーソナルコミュニケーションズ
    (IBMパーソナルコミュニケーションズの対応バージョンは、お問い合わせください。)
IBM3270/5250接続システム対応機種
手差しリーダ AP-1729(2次元コード)
小型帳票対応ホッパーリーダ AP-2001/2004(バーコード)、AP-2009(2次元コード)
AP-2221/2224(バーコード)、AP-2229(2次元コード)
A4帳票対応ホッパーリーダ AP-2321/2324/2326(バーコード)、AP-2329(2次元コード)
分割受入対応ホッパーリーダ AP-2521/2524(バーコード)、AP-2529(2次元コード)
紙かんばんホッパーリーダ AP-301H(QRコード)
バーコード・2次元コードホッパーリーダ AP-3115(バーコード)、AP-311H(2次元コード)
標準納期 お問い合わせください
定価(税抜) ¥128,000
※社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。