帳票運用ソリューション

 

こんな課題を解決します

 
帳票運用中で課題がある、新たに採用したいなどのご相談を承ります。お問い合わせはこちら

手仕分けによる課題

かんばん手仕分け
■人手を減らしたい
■仕分け時間を短縮したい
■仕分け間違いをなくしたい
 

→人と時間を減らして

 品質と能率をUP

 

ハンディスキャナ・ハンディターミナル使用時の課題

■枚数が多いため読み取り時間がかかる
■読み取り率がわるい=読み取りに時間がかかる
■「ホルダーからハンディターミナルを取り出す
  →読取りが終わるとホルダーに戻す」
 という動作なしでハンズフリーで作業がしたい

  →工数・時間を減らして品質と能率をUP

作業実績収集がしたい

■リアルタイムに実績を収集したい 
        ・・・オンサイト&オンデマンド処理
■短いサイクルでも実績を収集したい
        ・・・ショートサイクルバッチ処理
■日単位でまとめて収集したい   
        ・・・バッチ処理
■データ入力など工数がかかる作業なしで収集したい

  →収集サイクルごとに適材を選択

  →スキャン&ワーク、タッチ&ワークで実績収集

紙媒体の課題

コシがなく指示書などに利用すると扱いにくい
■コシがなく指示書などに利用すると扱いにくい
■使い捨てのため環境にやさしくない
■紙代が高い
 
 

  →ハンドリングの悪さで作業性が落ちていませんか?

  →何度も繰り返し使える媒体を採用しませんか?

媒体運用ソリューションをご提案

 
帳票運用中で課題がある、新たに採用したいなどのご相談を承ります。お問い合わせはこちら

かんばん

■リターナブルかんばん
(調達かんばん・工程内かんばん)
■紙かんばん
■リライトかんばん(工程内かんばん)
■ハイブリッドかんばん

■納品書・受領書
■現品票
■作業指示書
(生産指示書・ピッキングリスト・出荷指示書)

リライトカード・SPDカード

JEITA-EDI帳票ソリューション 事例

EIAJ標準納品書 業界で規格(JEITA規格)の統一された納品カードを読み取り、受入・検収業務を行います。読み取ったデータを上位システム(AS/400)へリアルタイムに送信し、次工程への整流化をはかります。

JAMA・JAPIA-EDI帳票ソリューション 事例

JAMA納品書業界で規格(JAMA/JAPIA規格)の統一された納品書や現品ラベル内の2次元コードを読み取り、受発注業務を行います。